ワイヤレスの防犯カメラで安全な生活を送る~犯罪を未然に防ぐ~

錠前を持つ女の人

どこにいても監視できる

監視カメラ

犯罪を記録するうえで欠かせないものが防犯カメラです。防犯カメラを設置することによって、犯罪の抑制になりますし、もしも犯罪が起きた際には証拠の映像が保存できるので、事件解決率が大幅にあがります。カメラといっても映像だけでなく、音声を拾えるタイプのものまであります。映像と音によって、その場の正確な状況がわかりますし、防犯カメラの死角で何か行動していても、音が入っていたらある程度の行動を予想できます。従来の防犯カメラは撮った映像をハードディスクやビデオテープなどの保存できるものに一度映像を送り、保存します。映像を見たいときには、その保存したレコーダーを使って再生しなければいけませんでした。最新の防犯カメラはその必要が無くなっています。従来通りレコーダーに保存出来ることには変わりないのですが、スマートフォンに映像を送ることができ、リアルタイムで防犯カメラに映しだされている映像を見ることができるのです。その機能を使って、乳幼児や小さいお子さんのベッド付近に防犯カメラを設置し、危険なことは無いか常にチェックする親も増えているようです。防犯カメラを違う用途で使用できるのです。注意点もあります。無線で映像を飛ばすので、パスワードをしっかり設定しないといけません。そうしないと他人に盗み見され、web上に動画を拡散される恐れがあります。最新の防犯カメラの性能をよく知り、しっかりとしたセキュリティのもとで使用しましょう。